鳥小屋.txt

ゲーム作ったり、Web的なことしたり、ぐだぐだしたりしますねヽ(・x・)ノ

バイバイイヤリーズ

ルタンとパンプクルムは…ズッ友だょ…!

どういうわけか?

f:id:ru_shalm:20200705162914p:plain:w400

「空中遊戦イヤリーズ」というゲームがあります。
あります、というか僕が昔つくったゲームです。ニコニコ自作ゲームフェス3に出したやつ。

f:id:ru_shalm:20200705163022p:plain:w400

こんな感じのゲーム(わかりづらい)

STGみたいな見た目ですが、
避けたりビーム打ったりするアクションみたいな感じのやつです。
詳しくはプレイしてください。

……と言いたいところなのですが、プレイできなくなります(´・ω・`)

Flash is dead

「空中遊戦イヤリーズ」はAdobe AIRでつくったAndroid用ゲームです。
Adobe AIRは、雑に言うとFlashがアプリになるよ的なやつです(詳しくはググろう!)

ですが、残念なことにFlashは殺されてしまい、
残りわずかに生き残ったFlash達も2020年で終焉を迎えます。
それに伴うような形で、Adobe AIRもAdobeてんてーの手を離れて
HARMAN社に引き取られる形になりました。

一応、今はHARMANのサイトから最新のAdobe AIRのSDKがダウンロードできるので
開発をすること自体はできるのですが、今後のことを考えると……という感じです。

なので、イヤリーズもいつかどこかのタイミングで死を迎える。
正確には「コードは残っているがビルドする方法がない」日が来るだろうなぁと思っていました。

Google先生「64bit対応してないアプリに人権ないんで…」

2021年の8月からGoogle Playで64bit対応されていないアプリは配信されなくなります。
そのため去年あたりから32bit対応しかしていないアプリは審査に出せなくなり始めていました。

Adobe AIRはHARMAN移行後に64bit対応されているので、
HARMAN版のAdobe AIR(名前どうなんだ…)でビルドし直して審査に出さないと、
来年の夏にはストアからアプリが消えてしまいます><

なので、古いAdobe AIR製のアプリをGooglePlayに置いている人は、
がんばって64bit対応したやつでビルドし直す必要があるのです。

……が、僕はできませんでしたという記事です(ここまで前フリ)

できなかった理由

正確には「ビルドはできたけどリリースはできなかった」です。

理由1:なんかバグってるんだけど……

当時からバグってたのか、最新のAdobe AIRにしたからバグったのかは知らないけれど、
画面比率が16:9じゃない端末で起動したらいろいろ表示がはみ出しました(チーン)
……まぁ多分、当時からバグってたんじゃないかな。。。

これを直したいのですが、今となっては中身が完全に謎なので、コレはるたん考古学です。
なんか途中でやりかけたことがいろいろあったっぽいが記憶がないぞぉー!

また、Starling のバージョンがv1.4を使っていて、
ちょっとバージョン上げるだけで爆発するので色々つらそうでもあります。。。
v.1.4、イマのAdobe AIRでも大丈夫なのかな…

つまり「動くがなんか変でリリースクオリティじゃない」状態!

理由2:RSA-1024だった

くそ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!11111111111111

アプリのリリースに使ってた証明書がRSA-1024 なやつなので、Java8だと使えません><
なのでIntelliJ IDEAがゲキオコになってしまう。。。

古いJavaを入れて、IntelliJ IDEAを古いJavaで動かすようにすればいいらしいのですが、
普通にめんどくさいしやりたくない……
(かつ、今後が明らかに不穏。。。。)

つまり「apkつくれねぇ」状態!論外!

つまりどういうこと

めんどくさすぎて僕がサジを投げたので、イヤリーズは後1年で消えます><
パンプクルムは地下ドール専用のキャラになってしまうのだ……

Ruたんの次回作にご期待ください