読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥小屋.txt

ゲーム作ったり、Web的なことしたり、ぐだぐだしたりしますねヽ(・x・)ノ

ダメージ時自動アイテム/スキル使用さん for MV

ツクール RPGツクールMV RPGツクールMVプラグイン

f:id:ru_shalm:20160619132005j:plain

プラグイン概要

戦闘中に攻撃を受けた際に自動的に使うアイテムやスキルを設定できます。
いわゆる「オートポーション」とか「オートフェニックス」とかそういうやつです。

<注意>
カウンタースキルではないため、攻撃技を設定すると明後日の方向に飛んでいきます><;
回復アイテムとか回復スキルとか設定してね!おやくそくだよ!

使用方法

f:id:ru_shalm:20160619132938p:plain

メモ欄に設定を記述することで有効になります。 アクター / 職業 / 武器 / 防具 / 敵キャラ / ステート のメモ欄で設定できます。

メモ欄での設定項目について

<AutoItemMe/hp[50%]: 1>

■ 誰が攻撃されたときに発動するか?( Me の部分 )

  • Me:自分
  • Friend:味方の誰か

■ 条件を何にするか?( hp の部分 )

  • hp:残りHP
  • mp:残りMP
  • tp:残りTP
  • state:付けられたステート

■ 条件の値( 50% の部分 )

  • 条件が hp / mp / tp のとき
    • xx%: 指定%以下になったとき
  • 条件が state のとき
    • ステートのID(例:戦闘不能の場合は 1

■ 使うアイテムのID( 1 の部分 )

ここで指定したIDのアイテムを使用します。

アイテムではなくスキルにしたい!

<AutoSkill/hp[50%]: ○○>

↑のように AutoItem の部分を AutoSkill と記述することで、スキルを使用させることができます。

設定の例

##
## 基本的な使い方
##

# 自分のHPが50%以下になったらアイテムID: 1を使用する
<AutoItemMe/hp[50%]: 1>

# 仲間の誰かのMPが30%以下になったらアイテムID: 2を使用する
<AutoItemFriend/mp[30%]: 2>

# 仲間の誰かがステートID: 1(戦闘不能)になったら、スキルID: 100を使用する
<AutoItemFriend/state[1]: 100>


##
## 秘密の機能編
##

# 自分のHPが50%以下になったらアイテムID: 1を使用する。
# アイテムID: 1が使えない場合は、アイテムID: 2を使用する。
<AutoItemMe/hp[50%]: 1, 2>

# 自分のHPが50%以下になったらアイテムID: 1を消費せずに使用する。
<AutoItemMe/hp[50%]: 1!>

注意点など

攻撃アイテム・攻撃スキルを設定すると正しく動きません

必ず効果範囲が「味方」または「自分」のアイテム・スキルを設定してください

発動する優先度

同じキャラクターに対して複数のオートアイテムが発動する場合、
以下のルールに従って、どちらを使用するかが決定されます。

【優先度:高】ステート > HP > MP > TP【優先度:低】

【優先度:高】自分スキル > 自分アイテム > 仲間スキル > 仲間アイテム【優先度:低】

あれ?発動しない?

  • 使用条件を満たしていないと発動できません
    • アイテムの場合:アイテムを持っている必要があります
    • スキルの場合:MPなどが足りている かつ そのスキルを覚えている必要があります
    • ただし <AutoItemMe/hp[50%]: 1!> のように IDの後ろに半角の ! が付いている場合は無視して発動します
  • 1人のキャラクターに対して複数人が同時にオートアイテムすることはできません
    • ハロルドが攻撃されたときに、他の3人全員がハロルドにアイテムを使ったりはしません

ちょっと条件がややこしいですね……
無限ループにならないように色々調整しています><

プラグインのダウンロード

Torigoya_AutoItems ダウンロード

利用規約

RPGツクールMV(RPG Maker MV)内での使用の場合は自由に使用できます。
有償、改変配布など、制限項目はありません。


作っているゲームで使いたくなって作りはじめたものです。
最初、他のプラグイン組み合わせてやろうとしたのですが、
すごく複雑になって「うーーーーん…」となり、
自分で必要な分だけプラグイン書くか〜すぐ終わるだろ〜と言って始めたのですが、
完全に見積もり失敗だったよね()

【オートセーブ】セーブコマンドプラグイン for MV

ツクール RPGツクールMV RPGツクールMVプラグイン

f:id:ru_shalm:20160304014650p:plain

  • 2016/06/12 「SaveCommand save latest」「SaveCommand load latest」を追加しました
  • 2016/06/12 セーブデータが無い時にロードコマンドを実行するとエラーする不具合を修正しました。
  • 2016/03/04 小物プラグイン集からページを分離しました。プラグイン自体の更新はありません。

プラグイン概要

プラグインコマンドからセーブ/ロードの実行ができるようになります。
オートセーブのような使い方がメインです。

オートセーブのゲームを作っていて生まれたプラグインなのですが、そのゲームはエターなりましたよ :)

使用方法

イベントコマンド一覧の3ページ目の右下「プラグインコマンド」から使用できます。

f:id:ru_shalm:20160304015150p:plain

以下、コマンド一覧です。枠の中のコマンドをコピペで使ってください!

最後にロード/セーブしたスロットに上書きセーブ

SaveCommand save last

最後にロード/セーブしたスロットの上に上書きでセーブを実行します。
オートセーブ的な強制的にセーブさせたいタイミングで使えると思います。

ニューゲームの場合、まだセーブされていない一番上のスロットにセーブされます。

指定したスロット番号にセーブ

SaveCommand save 1

スロット1番にセーブしたい!という場合は番号で直接指定できます。
1 の部分がスロットの番号なので 120 の間で設定してください。

変数で指定したスロット番号にセーブ

SaveCommand save [11]

スロット番号をツクールの変数で指定したい場合の指定方法です。
変数11番に入っている値のスロット番号を使いたい場合は↑のように指定します。

f:id:ru_shalm:20160304020137p:plain

こういうイメージ。

一番新しいセーブデータに上書きセーブ

SaveCommand save latest

lastlatest でまぎらわしいのですが別コマンドです。 セーブデータの中で一番新しいセーブスロットに上書きセーブを実行します。

【注意】

  • セーブデータ1(昨日保存したセーブ)
  • セーブデータ2(今日保存したセーブ)

↑のような2つのセーブデータがある場合、 セーブデータ1番をロードして、「SaveCommand save latest」を使用すると、 セーブデータ2番に上書きされてしまいます。

このオプションは後述のロード機能で使うのがメインで、 セーブコマンドでは last を使ったほうがいいかな…と思います。

ロード機能

ここまで紹介したコマンドの SaveCommand save の部分を SaveCommand load にするとロード機能になります。

が!

ツクールのデフォルトの挙動にイベント中にゲームがロードされることは想定されて無いので、
ロードを実行するタイミングが悪いとバグることがあります。
ロードは上級者向け機能ということでお願いします。。。

セーブ削除機能

SaveCommand save の部分を SaveCommand remove にするとセーブデータを消せます。
使い方間違うと普通にプレイヤー激おこなので十分に注意してください。

ダウンロード

Torigoya_SaveCommand.js ダウンロード

利用規約

RPGツクールMV(RPG Maker MV)内での使用の場合は自由に使用できます。
有償、改変配布など、制限項目はありません。


とはいえね、セーブデータバックアップされてたらあんまり意味ないけどね。

まぁ、絶対ロードさせないぞ!!というよりは、プレイヤーの便利のために使ってもらえると嬉しいなと思うのでした。
(スマホでやるゲームとかわざわざ自分でセーブ選択したくない〜)

スキル変化条件設定さん for MV

ツクール RPGツクールMV RPGツクールMVプラグイン

f:id:ru_shalm:20160221154801j:plain

プラグイン概要

スキルのメモ欄で指定した条件を満たした際に、別のスキルに変化する機能を追加します。

使用方法

f:id:ru_shalm:20160221155039p:plain

スキルのメモ欄で設定を行います。

<ChangeTo[変化先スキルのID]: 条件式>

変化先スキルのID の部分には、その条件を満たした際に変化する先のスキルIDを設定してください。
たとえば、 1 と設定したら、条件を満たしたときにスキルが通常攻撃に変化します。

条件式 の部分にはJavaScriptで条件式を記述することができます。
イメージとしては、スキル設定のダメージ計算式の入力欄と同じような感じです。
a という変数にスキル使用者の情報が入っています(ただし、 b (相手の情報)は使えません)

以下のような使用イメージです。

# 30%の確率でスキル100番に変化
<ChangeTo[100]: Math.random() < 0.3>

# HPが25%未満のとき、スキル100番に変化
<ChangeTo[100]: (a.hp / a.mhp) < 0.25>

# ステートID: 4(デフォルトだと毒)のとき、スキル100番に変化
<ChangeTo[100]: a.isStateAffected(4)>

RGSS3のときに残りMP量に応じて技の回数が変わる〜みたいなものをつくっていたので、
それに代わるものを作りたいなぁと思って作りました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

プラグインのダウンロード

Torigoya_SkillChangeTo.js - スキル変化条件設定さん for MV

利用規約

RPGツクールMV(RPG Maker MV)内での使用の場合は自由に使用できます。
有償、改変配布など、制限項目はありません。ご自由にどうぞ。

RPGツクールMV小物プラグイン集

ツクール RPGツクールMV RPGツクールMVプラグイン

GitHubに丸投げしてた小物 についての簡易解説です。
1000000000番煎じ的なやつが結構多いです。。。

ターン消費なしスキルなどのまともなプラグインはこっちにあります。
鳥小屋.txt RPGツクールMVプラグイン



小物プラグイン集更新履歴

  • 2016/3/20 「名前入力ダイアログプラグイン」で直後のメッセージがスキップ状態(決定キー押しっぱなし状態)と判定される問題を修正しました
  • 2016/1/25 「ステート追加スキルプラグイン」が「ステート追加/削除スキルプラグイン」になりました。「敵のスリップダメージ上限設定プラグイン」を追加。
  • 2016/1/13 「名前入力ダイアログプラグイン」に機能追加
  • 2016/1/5 「ステート追加スキルプラグイン」「WebStorageKeyにプレフィックス追加プラグイン」を追加
  • 2016/1/4 やっとまとめた

小物プラグイン一覧

Input.repeatウェイト設定プラグイン

かつてVXAce用に 高速Input.repeat?さん for RGSS3 として公開していたやつ。
そもそもRPGツクールMVではデフォルトでこの機能が実装されているので、そこの値をプラグイン設定から変更できるようにしたものです。

Torigoya_ChangeInputRepeatWait.js ダウンロード

武器は外せないようにするプラグイン

武器の変更はできるけど、武器無しにはできないようにするプラグインです。

Torigoya_NotRemoveWeapon.js ダウンロード

同じ名前の装備タイプなら同じものを装備できるようにするプラグイン

f:id:ru_shalm:20160104231214p:plain

こうやって同じ名前で装備タイプを設定したら…

f:id:ru_shalm:20160104231224p:plain

同じ名前の部分は同じ種類の装備のスロットとして使えるようになります。
装飾品とか2つくらい装備できるようにしたいじゃん?

Torigoya_SameEquipType.js ダウンロード

ファイル読み込み自動リトライプラグイン

【注意】v.1.3.0で動きません
電波クソすぎてファイルが読み込めなかった時に自動でリトライします。
おまけ機能として、音声が読み込めなかったらエラーにしないで無視する、みたいな設定もできます。

Torigoya_RetryLoad.js ダウンロード

名前入力ダイアログプラグイン

f:id:ru_shalm:20160113013602p:plain

  • 2016/3/20 直後のメッセージがスキップ状態(決定キー押しっぱなし状態)と判定される問題を修正しました

コンシューマ機じゃないんだから名前入力くらいキーボードで文字入力したい!(スマホならなおさら!)
プラグインコマンドに名前入力ダイアログ機能を追加します。

# アクター1番の名前を変更するダイアログを表示
InputNamePrompt 1

# アクター1番の名前を変更するダイアログを表示(文字数上限を5文字に)
InputNamePrompt 1 5

# アクター1番の名前を変更するダイアログを表示(文字数上限を5文字 + メッセージを独自のものに)
InputNamePrompt 1 5 名前を変更するのじゃ

表示メッセージや最大文字数のデフォルト値はプラグイン設定で変更できます。
また、一部だけ別のものにしたい場合はプラグインコマンドで指定可能です。

Torigoya_InputNamePrompt.js ダウンロード

セーブコマンドプラグイン

ページ移動しました → 【オートセーブ】セーブコマンドプラグイン for MV - 鳥小屋.txt

プラグインコマンドからセーブ/ロードの実行ができます。
オートセーブのゲームを作っているので作りました。

SaveCommand save 1       # スロット1にセーブを実行します。
SaveCommand save [1]     # 変数[1]番のスロットにセーブを実行します。
SaveCommand save last    # 前回ロード/セーブしたスロットにセーブを実行します。
SaveCommand load 1       # スロット1からロードを実行します。
SaveCommand load [1]     # 変数[1]番のスロットからロードを実行します。
SaveCommand load last    # 前回ロード/セーブしたスロットからロードを実行します。
SaveCommand remove 1     # スロット1のセーブデータを削除します。
SaveCommand remove [1]   # 変数[1]番のスロットのセーブデータを削除します。
SaveCommand remove last    # 前回ロード/セーブしたスロットのセーブデータを削除します。

プラグインコマンドから SaveCommand save last をあちこちで呼び出せば、完全にオートセーブですね!
セーブ機能はいいんですが、ロード機能は場面によってバグりやすいので使いドコロに注意です。

Torigoya_SaveCommand.js ダウンロード

ステート追加/削除スキルプラグイン

使うと指定したステータス異常になるスキルを追加できるようにするプラグイン。
威力高いけど使うと自分が毒になってしまう〜〜みたいなものが作れます。戦闘不能を付ければ自爆スキルだね。

<AddState: 1>

スキルのメモ欄に↑のように設定するとステートの1番が付与されます。
逆にステートを消したい!みたいな場合は下のようにメモ欄に書いてください。

<RemoveState: 4>

Torigoya_AddStateSkill.js ダウンロード

WebStorageKeyにプレフィックス追加プラグイン

ツクールMVではWeb版プレイでのデータ保存先はブラウザのLocalStorageという機能を使っています。
このLocalStorageでは保存領域はドメインごとに別の場所になるように分けられています。
(例えば http://toripota.com/game1http://toripota.com/game2 では両方とも「http://toripota.com」というドメインで公開されているため、ゲーム自体は別物でも保存領域は同じ場所になります。)

ツクールMVはなぜか全ゲーム同じキー名(ファイル名)でセーブをしようとするので、もれなくセーブデータが一覧に混ざります。
セーブ一覧に他のゲームのセーブデータが表示されるのはどう考えてもジャマなので、このプラグインでは保存時のキー名(ファイル名)に、作者の好きな文字列を追加して、混ざるのを防止できるようにします。

Torigoya_AddPrefixToStorageKey.js ダウンロード

敵のスリップダメージ上限設定プラグイン

「毒のダメージは最大HPの4割にしよう!」→「アアアア、ボスが即死ィイィイ!」

という問題を解消します。敵キャラのメモ欄で毒などで受ける最大スリップダメージを設定できます。

<MaxSlipDamage: 100>  # 毒などで受けるダメージを最大100までにする

Torigoya_MaxSlipDamageSetting.js ダウンロード


利用規約

RPGツクールMV(RPG Maker MV)内での使用の場合は自由に使用できます。
有償、改変配布など、制限項目はありません。


おまけ

戦闘中セリフ表示さん for MV

ツクール RPGツクールMV RPGツクールMVプラグイン

f:id:ru_shalm:20151105024936p:plain

2016/06/04 「身代わり」に対応しました。
2016/01/31 「ターン消費なしスキルさん」との競合を修正。両方とも更新が必要です><;
2015/11/14 吹き出しのX/Y座標を調整できる設定メモ項目を追加しました
2015/11/07 Recoveryのパラメータを一部追加 / RecoveryByRivalを追加 / 外部プラグインとの組み合わせについて追記

プラグイン概要

戦闘中に吹き出しでセリフを表示するようにします。 戦闘開始時、攻撃時、味方回復時、被弾時、死亡時、勝利時などに対応しています。

使用方法

f:id:ru_shalm:20151105024342p:plain

アクター / 敵キャラのメモ欄にいっぱい設定します。 <Speech/○○: ここにセリフ> といったフォーマットです。

以下のような設定項目があります。

■ 戦闘開始時(開始セリフはランダムでだれか1人だけ喋ります)
 \n と書くとそこで改行されます。
<Speech/Start:一気に決める!\n……よな?>

■ スキル使用時(\1 の部分が技名に置き換わります)
<Speech/Skill:唸れ、\1!>

■ スキルID: 1使用時( , で区切ることで複数登録できます。,自体をセリフに使う場合は前に \ を付けてね)
<Speech/Skill[1]:はっ!, てい!, くらえ!, Hey\, Attack!>

■ アイテム使用時(\1 の部分が技名に置き換わります)
<Speech/Item:\1 を使う!>

■ アイテムID: 1使用時
<Speech/Item[1]:ポーションだ!>

■ 勝利時(勝利セリフはランダムでだれか1人だけ喋ります)
<Speech/Victory:やったぜ!>

■ ダメージ時
<Speech/Damage:うわっ!, ちっ!>

■ 味方を身代わりしたとき
<Speech/Substitute: させない!>

■ 味方ID: 1を身代わりしたとき(\1 の部分が身代わりしてあげた人の名前に置き換わります)
<Speech/Substitute[1]: \1は俺が守る!>

■ 味方に身代わりしてもらったとき
<Speech/Protected: ごめん!>

■ 味方ID: 1に身代わりしてもらったとき(\1 の部分が身代わりしてくれた人の名前に置き換わります)
<Speech/Protected[1]: \1!?>

■ 味方ID: 1による回復時(\1 の部分が回復した人の名前に置き換わります)
<Speech/Recovery[1]:ありがとう、\1>

※自分がアクターの場合はアクターID、敵キャラの場合は敵キャラIDを指定します
■ 味方による回復時(自分で回復したときは喋りません)
<Speech/Recovery:ありがとな!, 助かる!>

■ 味方ID: 1による回復時(\1 の部分が回復した人の名前に置き換わります)
<Speech/Recovery[1]:ありがとう、\1>

※自分がアクターの場合はアクターID、敵キャラの場合は敵キャラIDを指定します

■ 対戦相手による回復時
<Speech/RecoveryByRival:もらった!>

■ 対戦相手ID: 1による回復時(\1 の部分が回復した人の名前に置き換わります)
<Speech/RecoveryByRival[1]:なんのつもりだ、\1!>

※自分がアクターの場合は敵キャラID、敵キャラの場合はアクターIDを指定します

■ 敵の攻撃がミスのとき
<Speech/Miss:危ない、危ない>

■ 敵の攻撃回避時(省略するとミスのセリフが流用されます)
<Speech/Evasion:避けた!>

■ 敵の魔法回避時(省略すると回避 or ミスのセリフが流用されます)
<Speech/MagicEvasion:見破った!>

■ 敵の攻撃をカウンターするとき
<Speech/Counter:返すぜ!>

■ 死んだとき
<Speech/Dead:ちくしょう…>

全て設定する必要はないです。設定しなかった部分については単に喋らなくなります。
なので、喋って欲しい部分だけ設定してください。

プラグインのダウンロード

Balloon in Battle MV - 戦闘中セリフ表示さん for MV

他プラグインとの組み合わせについて

YEP.3 – Battle Engine Core
プラグインの並び順により競合が発生します。 YEP.3 - Battle Engine Coreより下に、セリフ表示さんプラグインを設定してください。

利用規約

RPGツクールMV(RPG Maker MV)内での使用の場合は自由に使用できます。
改変配布などの制限項目はありません。

余談

イベント戦用などに特殊なスイッチがONのとき〜みたいな条件も付けたかったのですが、ちょっとメモ欄に無理が生じそうなのでそれはまた別の機会に…
そこまでやりたくなったらセリフ設定ツールも込みでつくろう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶